不動産投資ニュース.com
2022年05月26日(木)
 不動産投資ニュース.com

いちご、不動産小口化商品の第1号運用を開始

新着ニュース30件






























いちご、不動産小口化商品の第1号運用を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用や資産承継ニーズに対応
いちご株式会社は7日、同社のグループ会社であるいちごオーナーズ株式会社(以下、いちごオーナーズ)が不動産特定共同事業スキームを活用した新事業「いちごオーナーズビルシェア」に着手し、その第1号案件について運用を開始したと発表した。対象不動産は東京都目黒区の「PASEO目黒II」で、すでに任意組合への売却を完了している。

個人や各種事業主が簡単な手続きで投資できる「不動産小口化商品」に該当し、顧客の資産運用や資産承継などの多様化するニーズに応えるものとされる。

想定運用期間は12年
「いちごオーナーズビルシェア」では、参加する顧客が金銭を出資し、任意組合を組成、組合員となる。いちごグループは保有・運用する不動産を提供し、任意組合がこれを取得する。

その上で、いちごオーナーズが事業者として任意組合の業務執行組合員となり、対象不動産の賃貸管理など運用を担うほか、組合運営にも携わる。出資者として投資している組合員は、配当金額を出資持分に応じて受領していくこととなる。

12~15年の事業期間を想定しており、期間満了時には対象不動産を売却、組合員は売却代金から諸経費を差し引いた残金を、やはり出資持分に応じて受領し、事業終了になる。

第1号物件の「PASEO目黒II」は、地上4階、総戸数11戸の鉄骨造マンションで、想定運用期間は12年となっている。


外部リンク

いちご株式会社 プレスリリース
https://www.ichigo.gr.jp/

Amazon.co.jp : いちごオーナーズビルシェア に関連する商品
  • 不動産共同投資「みんなの年金」、19号ファンドの出資募集を6月1日開始(5月23日)
  • 京急逗子線・大師線とみなとみらい線、駅別中古マンション価格が上昇傾向(5月21日)
  • 首都圏中古マンション成約価格23か月連続で上昇-東日本レインズ(5月19日)
  • 東京都3月の新設住宅着工戸数、2か月振りの減少(5月18日)
  • 22年4月東京都心のオフィスビル空室率、横ばいで推移(5月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->