不動産投資ニュース.com
2022年07月08日(金)
 不動産投資ニュース.com

愛知県民が住み続けたい駅2位は文教地区の御器所!1位は?

新着ニュース30件






























愛知県民が住み続けたい駅2位は文教地区の御器所!1位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知県民に人気の駅と自治体ランキングを発表
リクルートは4月27日、「SUUMO住民実感調査2022 愛知県版(~2022年住み続けたい街(駅/自治体)ランキング~)」を発表した。

愛知県に居住している人を対象に実施した、アンケート調査の結果をまとめたレポートである。

住み続けたい駅
【住み続けたい駅】ランキングTOP5
【住み続けたい駅】ランキングは、次のような結果となった。

1位は「覚王山(地下鉄東山線)」、2位は「御器所(地下鉄桜通線)」、3位は「はなみずき通(リニモ)」、4位は「いりなか(地下鉄鶴舞線)」、5位は「荒畑(地下鉄鶴舞線)」。

1位の「覚王山」は、閑静な住宅街。覚王山日泰寺への参道などには、洒落た店舗が点在する。

2位の「御器所」と4位「いりなか」は、名古屋市昭和区の駅。文教地区で、教育環境が充実している点が評価された。

3位の「はなみずき通」は、長久手市のランドマークでもある長久手市中央図書館の最寄駅。子育て環境が充実しており、日常生活の利便性も高い。

【住み続けたい自治体】ランキングTOP5
【住み続けたい自治体】ランキングは、次のような結果となった。

1位は「長久手市」、2位は「名古屋市昭和区」、3位は「名古屋市東区」、4位は「名古屋市千種区」、5位は「大府市」。

1位の「長久手市」は、「名古屋市名東区」や「日進市」に隣接する、リニモ沿線の街。人口1人当たりの都市公園面積では、県内1位を誇る。

市民の平均年齢が40.2歳(2020年国勢調査)と、「日本一若いまち」でもあり、子育てファミリーに人気だ。

2位「名古屋市昭和区」は、大学が多数ある文教地区。 「ゆめ緑道ごきそ」「八事里山づくりの会」など住民が主体となった活動も盛んだ。

3位の「名古屋市東区」は、『バンテリンドームナゴヤ』(『ナゴヤドーム』)や『Hisaya-odori Park』などの人気スポットが点在する。その一方で、町並み保存地区など歴史や文化を感じられるエリアでもある。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社リクルートのプレスリリース
https://www.recruit.co.jp/


Amazon.co.jp : 住み続けたい駅 に関連する商品
  • 22年3月の不動産価格指数、住宅総合が前月比で0.6%上昇(7月4日)
  • 東京・芝公園の物件を運用する「VERFUND4号」、出資受付を開始(7月3日)
  • 東急東横線・渋谷~新丸子間の駅別中古マンション価格、代官山がトップ維持(6月30日)
  • 今求められる単身賃貸物件の傾向とは?グッドルームが調査(6月28日)
  • 首都圏域子育て世帯の住宅購入、将来投資前提が当然の時代に?(6月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->