不動産投資ニュース.com
2022年07月08日(金)
 不動産投資ニュース.com

最新の不動産価格指数、住宅総合が前月比で1.8%アップ

新着ニュース30件






























最新の不動産価格指数、住宅総合が前月比で1.8%アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
国土交通省が22年1月・21年Q4の不動産価格指数を発表
国土交通省は4月28日、2022年1月の住宅における不動産価格指数と、2021年第4四半期の商業用不動産における不動産価格指数を発表した。いずれも数値は速報値で、3カ月間は改訂が行われる可能性がある。

不動産価格指数
2022年1月の不動産価格指数(住宅)は、2010年の平均を100とした指数で、季節調整値の全国住宅総合が126.9となった。前月の124.7から1.8%増加、前年同月の116.5と比較すると、約8.9%の増加になっている。

全国の住宅地は107.9で、前月に比べ2.9%の増加となった。戸建住宅も112.2で前月より2.5%アップ、マンション(区分所有)は173.1と引き続き高水準で、前月より0.8%と微増した。

全国の不動産価格指数(住宅)は4項目の全てで対前月比がプラスとなったほか、100を上回る指数値で、2010年の平均より上昇している。

ブロック別では、住宅総合で全地域が100を上回る水準となったが、中国地方のみ前月を下回り、109.0で、前月比3.6%のマイナスになった。

指数値が最も高いのは北海道地方の167.1で、前月比11.8%の2桁増となっている。前月比でこれを上回る伸びをみせたのは北陸地方だ。指数は137.7だが、前月より14.6%増加した。ちなみに関東地方は127.6で、前月比0.9%の増加と、ほぼ横ばいになっている。

主要都道府県別では、東京都の住宅総合が141.1で、前月より1.5%増加、愛知県は116.5で前月比0.7%の増加、大阪府は130.5で、前月より1.9%の増加になった。

東京都は住宅地の不動産価格指数が119.0で、前月より2.8%増加、戸建住宅も124.6で、前月より6.2%アップした。一方、すでに高水準のマンション(区分所有)は、指数値で168.1を記録したが、前月比では0.3%のマイナスと微減になっている。

不動産価格指数
商業用不動産は前期比1.0%の上昇
不動産価格指数(商業用不動産)の2021年第4四半期分は、2010年の平均を100として指数化した季節調整値の全国商業用不動産総合で126.8となり、前期の125.6から1.0%の増加になった。前年同期の121.6との比較では、約4.3%の上昇となる。

全国の建物付土地総合は139.1となり、前期より0.4%増加している。土地総合も104.4と前期より1.3%アップ、それぞれ100を上回る水準での推移にもなった。

今期の全国不動産価格指数(商業用不動産)を主要用途別にみていくと、店舗は148.0で、前期より2.1%増加、オフィスは146.9で前期より0.9%増加した。これに対し、倉庫は108.4で、前期より4.7%低下、工場は96.9で100を下回り、前期比も13.2%と2桁マイナスになっている。

タイプ別では、マンション・アパート(一棟)が146.4で、前期より1.7%増加、商業地は101.8で、前期より0.1%のマイナスと、わずかながら低下した。工業地は107.8で、前期より3.3%アップしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

国土交通省 プレスリリース
https://www.mlit.go.jp/report/content/001480003.pdf


Amazon.co.jp : 不動産価格指数 に関連する商品
  • 22年3月の不動産価格指数、住宅総合が前月比で0.6%上昇(7月4日)
  • 東京・芝公園の物件を運用する「VERFUND4号」、出資受付を開始(7月3日)
  • 東急東横線・渋谷~新丸子間の駅別中古マンション価格、代官山がトップ維持(6月30日)
  • 今求められる単身賃貸物件の傾向とは?グッドルームが調査(6月28日)
  • 首都圏域子育て世帯の住宅購入、将来投資前提が当然の時代に?(6月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->