不動産投資ニュース.com
2022年07月08日(金)
 不動産投資ニュース.com

「月例新築マンション動向」2022年3月速報値、渋谷区の価格が大幅上昇

新着ニュース30件






























「月例新築マンション動向」2022年3月速報値、渋谷区の価格が大幅上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京23区別の速報値分譲実績データを公開
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターは、2022年4月20日、プレスリリース『月例新築マンション動向(速報値)』の同年4月号を発表した。

同リリースは、同社が独自に調査した新築分譲マンションの最新動向を報告するというもの。今回発表された4月号では、同年3月度における東京23区別の速報値分譲実績データが公開されている。

月例新築マンション動向
渋谷区、10255.4万円から14921.9万円へ上昇
今回発表されたリリースでは、東京23区における新築マンションの平均価格/平均坪単価/平均面積/供給戸数が、前年同月値と共に表にまとめられている。

この発表によると、2022年3月の東京23区で新築マンションの平均価格が最も高かったのは、14921.9万円の渋谷区だった。同区は、前年の10255.4万円から大幅な上昇を達成。前年同月度に上位に並んでいた千代田区や港区を抜き、トップになっている。

その千代田区と港区は、前年から下落。特に前年トップであった千代田区は、19147.8万円から12030.0万円へと大幅な下落を示した。

品川区と新宿区も大幅な上昇をマーク
2022年3月の東京23区では、渋谷区の他にも品川区と新宿区が大幅な上昇をマークした。品川区は前年の6122.2万円から14502.0万円へと上昇し、その差額は8379.8万円にまで到達。新宿区も5309.1万円から11494.0万円へ上昇し、差額は6184.9万円に達している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

【月例新築マンション動向(速報値)】2022年4月号発表 - 株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター
https://mcury.jp/pressroom/1426/


Amazon.co.jp : 月例新築マンション動向 に関連する商品
  • 22年3月の不動産価格指数、住宅総合が前月比で0.6%上昇(7月4日)
  • 東京・芝公園の物件を運用する「VERFUND4号」、出資受付を開始(7月3日)
  • 東急東横線・渋谷~新丸子間の駅別中古マンション価格、代官山がトップ維持(6月30日)
  • 今求められる単身賃貸物件の傾向とは?グッドルームが調査(6月28日)
  • 首都圏域子育て世帯の住宅購入、将来投資前提が当然の時代に?(6月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->