不動産投資ニュース.com
2022年08月11日(木)
 不動産投資ニュース.com

首都圏分譲マンションの平米単価、2か月連続で下落-不動産経済研究所調べ

新着ニュース30件






























首都圏分譲マンションの平米単価、2か月連続で下落-不動産経済研究所調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
初月契約率は4か月連続で70%超
不動産経済研究所は6月20日、「首都圏 新築分譲マンション市場動向 2022年5月」を発表した。

これによると、5月の首都圏における新築分譲マンションの発売戸数は、2,466戸だった。東京都と神奈川県で供給戸数が落ち込み、前年同月比で4.3%の減少を示している。

初月契約率は70.2%。前年同月比で0.9ポイント上昇し、4か月連続で70%を超えた。

マンション
首都圏マンションの平均価格は6,088万円
1戸当たりの平均価格は、6,088万円。前年同月比で3.0%上昇し、2か月振りにプラスへと転じた。しかしながら平米当たりの単価は、同2.7%下落の90万7,000円。2か月連続のマイナスである。

地域別の1戸当たり平均価格をみると、東京23区が同11.9%上昇の7,760万円、東京都下は同5.7%下落の4,979万円、神奈川県は同7.5%下落の4,982万円、埼玉県は同28.2%上昇の6,004万円、千葉県は同7.3%上昇の4,721万円となっている。

平米当たり単価は、東京23区が同5.7%上昇の128万2,000円、東京都下は同9.1%下落の73万9,000円、神奈川県は同8.8%下落の72万5,000円、埼玉県は同27.1%上昇の85万8,000円、千葉県は同4.3%上昇の62万7,000円だった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/


Amazon.co.jp : マンション に関連する商品
  • 中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏は2ヵ月連続で下落(8月11日)
  • 東京23区単身者向けマンション賃料相場、「表参道」がトップ(8月11日)
  • 2022年7月の新築一戸建て平均価格、首都圏が下落へ転じる(8月10日)
  • 小規模オフィス賃料、東京は横ばい、その他主要エリアは上昇傾向(8月9日)
  • フラット35金利、7か月連続で上昇(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->