不動産投資ニュース.com
2022年08月12日(金)
 不動産投資ニュース.com

地価動向、9割以上の地区で変化なし-地価LOOKレポート

新着ニュース30件






























地価動向、9割以上の地区で変化なし-地価LOOKレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
全国80地区のうち46地区の地価が上昇
国土交通省は6月7日、2022年第1四半期の「地価LOOKレポート」を公表した。高度利用地80地区を対象に、2022年1月1日~4月1日における地価の動きを調査したレポートである。

全国80地区のうち75地区において、「上昇」「横ばい」「下落」の割合に変化がみられなかった。残り5地区は、上方へと移行している。

地区数でみると、地価が上昇した地区が45地区から46地区に、横ばいの地区数が19地区から21地区に増加。下落した地区が16地区から13地区に減少した。

【用途別】では、「住宅地」では上方に移行した地区が1地区あったものの、その他の地区では動きがみられなかった。マンションの販売が以前として堅調で、上昇傾向を維持している。

「商業地」では、下落から横ばいに転じた地区が3地区、横ばいから上昇に転じた地区が1地区あった。新型コロナウイルス感染症の影響で下落している地区もあるが、低金利が続いており、横ばいから上昇、又は下落から横ばいに転じた地区がみられた。

地価LOOKレポート
三大都市圏の動向
三大都市圏(62地区)の動向は、以下の通りである。

「東京圏」(35地区)では、上昇が前回の18地区から19地区に、横ばいが前回の11地区から13地区に上昇。下落が6地区から3地区に減少した。

「大阪圏」(19地区)は上昇が10地区、横ばいが4地区、下落が5地区と前回と変わらなかった。

「名古屋圏」(8地区)でも上昇が8地区、横ばいが0地区、下落が0地区となり前回と同様となっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

国土交通省のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/


Amazon.co.jp : 地価LOOKレポート に関連する商品
  • 中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏は2ヵ月連続で下落(8月11日)
  • 東京23区単身者向けマンション賃料相場、「表参道」がトップ(8月11日)
  • 2022年7月の新築一戸建て平均価格、首都圏が下落へ転じる(8月10日)
  • 小規模オフィス賃料、東京は横ばい、その他主要エリアは上昇傾向(8月9日)
  • フラット35金利、7か月連続で上昇(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->