不動産投資ニュース.com
2022年12月05日(月)
 不動産投資ニュース.com

首都圏の分譲マンション坪単価、軒並み上昇

新着ニュース30件






























首都圏の分譲マンション坪単価、軒並み上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
首都圏のマンション供給戸数は5.5%減少
マーキュリーリアルテックイノベーターは9月7日、「『月例新築マンション動向』2022年9月号」を発表した。

2022年6月度における「新築マンション」の分譲実績を独自調査し、分析したレポートである。

6月度の首都圏における新築マンション供給戸数は、前年同月比5.5%減少の2990戸だった。エリア別の供給戸数は次の通りとなっている。

東京23区は、同35.3%減の1102戸。東京都下は、同28.7%減の149戸。横浜市・川崎市は、同81.9%増の724戸。神奈川県下は、同42.9%増の333戸。埼玉県は同100.5%増の445戸。千葉県は、同40.9%減の237戸。埼玉県が2倍の増加を示した。

分譲マンション
首都圏のマンション坪単価は1.9%上昇
首都圏における新築マンションの平均坪単価は、前年同月比1.9%上昇の323.5万円。エリア別の平均坪単価は以下の通りである。

東京23区は同10.0%上昇の441万1000円。東京都下は、同13.3%上昇の254万5000円。横浜市・川崎市は、同9.1%上昇の292万2000円。神奈川県下は、同11.4%上昇の253万2000円。埼玉県は、同20.2%上昇の311万円。千葉県は同11.3%上昇の227万5000円。全エリアが上昇した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターのプレスリリース
https://mcury.jp/pressroom/1550/


Amazon.co.jp : 分譲マンション に関連する商品
  • リ・バース60の申請戸数、17.6%増加(12月5日)
  • リーウェイズ、不動産価値分析AIクラウドサービスで無償プラン(12月5日)
  • トップ3は家賃4万円台前半!小田急線沿線、家賃相場が安い駅ランキング(12月4日)
  • 首都圏の新築戸建の価格、上昇傾向続く(12月3日)
  • 売主別中古マンション値上がり率ランキング(関東版)、1位は日鉄興和不動産(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->