不動産投資ニュース.com
2022年12月05日(月)
 不動産投資ニュース.com

2022年7月度「中古マンション価格天気図」、天候は改善も悪化も減少

新着ニュース30件






























2022年7月度「中古マンション価格天気図」、天候は改善も悪化も減少

このエントリーをはてなブックマークに追加
価格の上昇傾向は「晴」、下落傾向は「雨」
株式会社東京カンテイは、2022年8月31日、同年7月度の『中古マンション価格天気図』を発表した。

この「天気図」は、中古マンション(ファミリータイプ)の70平米換算価格を全国で毎月集計し、その価格変動を天気マークで表示したもの。価格の上昇傾向は「晴」、下落傾向は「雨」といった形で、表示は行われている。

中古マンション価格天気図
改善も悪化も現象、横ばいは増加
今回発表された『中古マンション価格天気図』によると、2022年7月は「晴」が25地域から27地域に増加した。「薄日」は7地域から5地域に減少し、「曇」は4地域のまま横ばいとなっている。「小雨」は8地域から6地域に減少したが、「雨」は3地域から5地域に増加した。

結果として、全国で天候が改善した地域は8地域から5地域に、また悪化は7地域から5地域にそれぞれ減少し、横ばいは32地域から37地域に増加した。47都道府県のうちで前月比価格が下落した地域数も、19地域から15地域へと減少している。

中心都市に事例数が集中する傾向が増す
今回の発表では、エリアごとに見た中古マンション70平米換算価格の動きについても、考察が行われている。

この考察の中で同社は、2022年7月は中心都市に事例数が集中する傾向が以前にも増して強まり、結果として県単位の平均価格が上昇傾向を見せた点を指摘。また、福岡県の「晴」復帰や宮城県の「薄日」維持、東北地方の価格上昇維持や北陸地方の弱含み傾向などにも注目している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

2022年7月度 中古マンション価格天気図 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/WR202207.pdf


Amazon.co.jp : 中古マンション価格天気図 に関連する商品
  • リ・バース60の申請戸数、17.6%増加(12月5日)
  • リーウェイズ、不動産価値分析AIクラウドサービスで無償プラン(12月5日)
  • トップ3は家賃4万円台前半!小田急線沿線、家賃相場が安い駅ランキング(12月4日)
  • 首都圏の新築戸建の価格、上昇傾向続く(12月3日)
  • 売主別中古マンション値上がり率ランキング(関東版)、1位は日鉄興和不動産(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->