不動産投資ニュース.com
2023年02月06日(月)
 不動産投資ニュース.com

リーウェイズ、不動産価値分析AIクラウドサービスで無償プラン

新着ニュース30件






























リーウェイズ、不動産価値分析AIクラウドサービスで無償プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産の価値をより分かりやすく
リーウェイズ株式会社(以下、リーウェイズ)は、2022年12月1日より、不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」において、無料プランの提供を開始すると発表した。

業界最高水準と謳われるAI査定のサービスや、不動産価値の将来予測シミュレーションなど、多様な機能・サービスを無料で利用することができるようになる。

不動産取引市場においては、その専門性の高さなどから、情報の不透明さ、分かりにくさが指摘されることも多く、一般個人にとってハードルが高い面が否めない。

そこでリーウェイズでは、不動産ビッグデータと不動産価値分析AIクラウドサービスを提供することにより、業界の活性化と情報の透明化、不動産業界全体の拡大・発展に寄与することを目指してきた。

今後、さらに中古不動産の流通を拡大していくなど、取引を活発化させていくには、不動産取引における情報の透明化をさらに促進すること、中古不動産の評価適正化を図ることが急務という。

それを受け、リーウェイズでは、投資用不動産の価値査定をクラウド上で完結させられる「Gate.」の無償プランをリリースすることとした。この無償プラン誕生により、これまで有償でしか利用できなかったサービス・機能も多く利用可能となる。

「Gate.」は、2億3,000万件超の物件ビッグデータなどをもとに不動産の価値分析を実行するAIクラウドサービス。AIによる不動産査定・投資シミュレーションや市場分析、ハザード情報の提供が受けられる。現在、不動産会社で200社以上、金融機関で10社以上の導入実績があるという。

毎月5回までなら利用は無料で自由!
「Gate.」の無償プランでは、以下の機能を毎月5回まで自由に利用することができる。

まず、AI査定サービスとして、対象投資用物件の賃料、利回り、価格、空室率を高精度に査定できる。また、最長50年先まで将来資産価値の分析を行うことができるとされる。

投資シミュレーションとして、IRR(全期間利回り)を用いた高度な収支計算や、AIによる将来予測を反映した計算結果のチェックもできる。

市場分析として、人口動態や施設情報など30以上の分析項目によるデータを入手できるほか、ハザードマップなど最新のニーズに対応した情報収集も可能となる。なおオフィス市場についても対象とすることが可能で、こちらの市場分析にも使える。

さらに事例検索として、物件の条件を入力し、表示された賃貸・売買事例を参照したり、最大15件の情報を地図上にマッピングし、レポート化したものを受け取ったりすることも可能になる。なおこの事例検索機能は2023年リリース予定となっているため、リリースされ次第、利用可能となる見通しである。

「Gate.」無償プランの利用は、専用プロダクトページから申し込みを行うことで可能になる。

リーウェイズでは、今後もAI技術を活かした「Gate.」サービスと、不動産の知見をもとにしたデータ分析を融合させ、不動産領域に関わるすべての人々に有益な情報を提供していきたいとした。


外部リンク

リーウェイズ株式会社によるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000046242.html

Amazon.co.jp : Gate に関連する商品
  • 住宅購入希望の理由、「家賃がもったいない」「老後の住まいが心配」(2月6日)
  • 首都圏8エリアの新築戸建の価格、14カ月連続で前年同月を上回る(2月6日)
  • 首都圏全エリアの中古マンション価格、18か月連続で上昇(2月6日)
  • 「月例新築マンション動向」、22年12月の東京23区における分譲実績を公開(2月5日)
  • 「住まい探しは、営業担当者の対応・相性を重視」約9割(2月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->