不動産投資ニュース.com
2024年04月21日(日)
 不動産投資ニュース.com

「楽待」を運営するファーストロジック、2022年10~12月期の投資用不動産市場の調査結果を公表

新着ニュース30件






























「楽待」を運営するファーストロジック、2022年10~12月期の投資用不動産市場の調査結果を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産投資サイト「楽待」に新規掲載された全国の物件が対象
32万人超の登録会員数を持つ国内最大の不動産投資ポータルサイト「楽待」を運営している株式会社ファーストロジックは、2022年10~12月期の投資用不動産市場の調査結果を公表した。

2022年10月1日~12月31日の期間中、「楽待」に新規掲載された全国の物件を対象にしたレポートだ。

2022年10~12月期も全体として上昇傾向
一棟アパートの物件価格は7288万円で、前四半期から213万円下落したものの7000万円台の高値圏で推移。表面利回りは0.14ポイント上昇の8.96%であった。

ファーストロジック
一棟マンションの物件価格は588万円上昇し四半期ぶりに2億円台に戻った。表面利回りはマイナス0.06ポイントで7.63%であった。

ファーストロジック
区分マンションは物件価格が1782万円で前四半期から17万円と微増。上昇は3四半期連続で表面利回りは0.02ポイント上昇の6.89%となっている。

ファーストロジック
超低金利下で上昇を続けてきた不動産価格は2022年10~12月期も全体として上昇傾向にあるが、昨年12月に日銀が金融緩和の見直しを発表したことや長期金利が0.5%の上限を上回るなどの情勢により、今後は価格が下落する可能性もあるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ファーストロジックのプレスリリース
https://www.firstlogic.co.jp/
Amazon.co.jp : ファーストロジック に関連する商品
  • 2024年3月の分譲マンション賃料、首都圏は5ヵ月連続上昇を達成(4月20日)
  • コンパクトマンション供給、首都圏シェア13.5%で過去最高に(4月16日)
  • 株式会社学生情報センター、ひとり暮らし学生に聞いたアンケートを公表(4月16日)
  • 物件HPを簡単作成、入居者スカウトで高稼働に(4月15日)
  • 3月東京オフィスビル空室率、5%台半ばに(4月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->