不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

「住まい探しは、営業担当者の対応・相性を重視」約9割

新着ニュース30件






























「住まい探しは、営業担当者の対応・相性を重視」約9割

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まい探しの満足度に関する調査
株式会社LIFULLは1月25日、住まい探しの満足度に関する調査結果を発表した。調査対象は全国の住み替え経験者800人(賃貸400人、売買400人)。

LIFULL
自宅満足度「平均74.0点」
現在住んでいる自宅の満足度について聞いたところ、全体の平均は74.0点(賃貸平均70.5点、売買平均77.4点)。一方、不動産会社での住まい探しの満足度は、全体の平均は72.8点(賃貸平均69.6点、売買平均76.0点)だった。また現在の自宅の満足度が高い人でも、15.1%が住まい探しに不満を感じていた。

住まい探しで重視「立地」「間取り」「予算」
不動産会社での住まい探しに満足だったところの第1位は「不動産会社の担当者の対応が良かった」(53.1%)という結果に。一方、不満を感じたところの第1位は「紹介された物件の数が少なかった」(20.2%)だった。

住まい探しで重視するポイントのトップ3は「立地」(69.1%)「間取り」(58.0%)、「想定の予算」(55.0%)。不動産会社を選ぶ上で重視するポイントのトップ3は「営業担当者の対応(返信が早い・丁寧など)」(28.5%)、「物件数が多いこと」(20.5%)、「仲介手数料が安いこと」(19.8%)。

「営業担当者との相性は運」約9割
住まい探しにおいて、「営業担当者の対応・相性が重要だと感じる」という人は92.0%であり、「営業担当者との相性は運だと思う」という人は88.9%だった。加えて「営業担当者の対応・相性が悪くストレス・不満を感じた」という人は53.6%。

営業担当者の対応・相性が重要だと感じた(感じそうな)シーンについて聞いたところ、第1位は「家を購入する(借りる)とき」(80.4%)だった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社LIFULL プレスリリース
https://lifull.com/news/25627/


Amazon.co.jp : LIFULL に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->