不動産投資ニュース.com
2024年04月21日(日)
 不動産投資ニュース.com

「月例新築マンション動向」、22年12月の東京23区における分譲実績を公開

新着ニュース30件






























「月例新築マンション動向」、22年12月の東京23区における分譲実績を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
分譲実績データと価格変動をまとめる
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターは、2023年1月30日、プレスリリース『月例新築マンション動向(速報値)』の2023年1月号を発表した。

同社は不動産情報プラットフォームを提供している企業であり、同リリースは同社の独自調査による新築分譲マンションの最新動向として発表されているもの。今回発表された2023年1月号では、2022年12月の東京23区における分譲実績データと、前年同月比の平均価格変動率などがまとめられている。

月例新築マンション動向
平均価格が23区で最も高かったのは、文京区
今回発表されたリリースでは、2022年12月の東京23区における新築分譲マンションの供給戸数/平均価格/平均面積/平均坪単価が、行政区ごとに算出されている。

この発表によると、同月において新築分譲マンションの平均価格が23区で最も高かったのは、16086.0万円の文京区だった。同区は、前年同月比で7822.1万円の上昇をマーク。一方、供給戸数は146戸から22戸へ減少している。

文京区に続いて高い平均価格を示したのは、14057.5万円の世田谷区と12204.2万円の千代田区だった。両区もやはり、
前年同月比で7000万円台の上昇幅をマークしている一方、供給戸数は共に3桁から2桁へ減少している。

平均価格が23区中最も下落したのは、渋谷区
前年同月比で新築分譲マンションの平均価格が23区中最も下落したのは、渋谷区だった。同区は、前年同月は22581.1万円をマークしていたが、2022年12月は9933.8万円に下落。下落幅は、12647.4万円に達している。

品川区もまた、大幅な下落をマーク。同区は、前年同月の21075.0万円から10068.6万円にまで平均価格が下がった。その一方で、供給戸数は前年同月の87戸から116.0戸へ増加している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

『月例新築マンション動向(速報値)』2023年1月号発表 - 株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター
https://mcury.jp/pressroom/1669/


Amazon.co.jp : 月例新築マンション動向 に関連する商品
  • 2024年3月の分譲マンション賃料、首都圏は5ヵ月連続上昇を達成(4月20日)
  • コンパクトマンション供給、首都圏シェア13.5%で過去最高に(4月16日)
  • 株式会社学生情報センター、ひとり暮らし学生に聞いたアンケートを公表(4月16日)
  • 物件HPを簡単作成、入居者スカウトで高稼働に(4月15日)
  • 3月東京オフィスビル空室率、5%台半ばに(4月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->