不動産投資ニュース.com
2024年03月02日(土)
 不動産投資ニュース.com

三菱UFJ信託銀行、独自の「2022年度 賃貸住宅市場調査」を発行

新着ニュース30件






























三菱UFJ信託銀行、独自の「2022年度 賃貸住宅市場調査」を発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
24社の協力による賃貸住宅市場調査
2023年1月17日、三菱UFJ信託銀行株式会社は、独自に調査した「2022年度 賃貸住宅市場調査」を発行した。

2022年秋に行った今回の調査が初回で、資産運用会社19社・不動産管理会社3社・金融機関2社の合計24社から回答を得ている。

東京23区および首都圏のファミリーは好調
エリア別のリーシング環境では、東京23区のファミリー物件がエリアにおいて稼働率やテナント入れ替え時の賃料等の改善傾向で、半年後の予測もこの傾向が続くとの回答が目立った。

三菱UFJ信託銀行
一方、23区のシングル物件は都心5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)にて半年後の改善を見込むとの回答が目立ったものの、城東6区(墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区)は悪化傾向が続いているとの回答が目立った。

東京23区を除く首都圏でもファミリー物件は好調。シングル物件はダウンタイムの長期化を見込む回答がやや目立った。

名古屋市はシングル・ファミリー物件ともにリーシングに苦戦しており、大阪市も同様にダウンタイムの長期化を見込む回答が目立つ結果となっている。

また「今後1年間のリーシングマーケット全体に与える影響が大きいと考える項目」への回答では、「個人の就業環境や収入の増減」がもっともポイントが高く、「テレワーク等の働き方の変化」と「新型コロナウイルス等の感染拡大の状況」が2位で並んでいる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

三菱UFJ信託銀行株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000036656.html
Amazon.co.jp : 三菱UFJ信託銀行 に関連する商品
  • 「インターネット無料」は賃貸選びにおいて重要かの調査(3月2日)
  • 複数の不動産会社を検討した人の半数近くが「担当者の対応」重視(3月1日)
  • 2024年1月の東京23区、港区で新築マンションの価格が大幅上昇(3月1日)
  • 不動産売買、成約価格が査定額を上回った例が約6割(2月29日)
  • 2024年1月版、全国主要都市における賃貸住宅募集家賃動向調査(2月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->