不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

東京既存オフィスビル空室率2021年1月以来の4%台に

新着ニュース30件






























東京既存オフィスビル空室率2021年1月以来の4%台に

このエントリーをはてなブックマークに追加
全国主要都市オフィスビル市況データを発表
三鬼商事は5月9日、2024年4月時点の「オフィスマーケット」を発表した。

全国主要都市のビジネス地区における、オフィスビル市況データである。

東京ビジネス地区の空室率は5.38%
4月における東京ビジネス地区の平均空室率は、前月比0.09ポイント低下の5.38%だった。4月は大型解約が発生したものの、拡張移転など大型の成約が見られたことや中規模の成約が順調に推移したため、東京ビジネス地区全体の空室面積はこの1か月間で約7,700坪減少した。

新築ビルのみの空室率は前月比1.04ポイント低下の22.64%。これに対して、既存ビルの4月時点の空室率は前月比0.07ポイント低下の4.99%。2021年1月以来の4%台となった。

平均賃料は、前月比では0.03%(5円)上昇の1万9,825円となっている。

大阪ビジネス地区の空室率は4.47%
4月における大阪ビジネス地区の市場動向は、以下の通りである。

平均空室率は、前月比0.30ポイント低下の4.47%だった。大規模ビル1棟がおおむね高稼働で竣工したほか、竣工1年未満の新築ビルに自社ビルからの移転などに伴う大型成約が見られた。既存ビルの大型空室で成約が進んだこともあり、空室面積はこの1か月間で約6,400坪減少した。

平均賃料は、前月比0.37%(44円)上昇の1万2,061円となっている。


外部リンク

オフィスマーケット | 三鬼商事株式会社
https://www.e-miki.com/

Amazon.co.jp : オフィス に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->