不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

LIFULL HOME’S、首都圏の敷金・礼金の最新動向調査

新着ニュース30件






























LIFULL HOME’S、首都圏の敷金・礼金の最新動向調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいを借りる際のイニシャルコストである敷金・礼金の最新動向
2024年5月14日、不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」を運営する株式会社LIFULLは、首都圏の敷金・礼金の最新動向調査の結果を公表した。

賃貸物件の賃料が上昇傾向を示す中で、住まいを借りる際のイニシャルコストである敷金・礼金の動向を調査し、まとめたものだ。

賃料10万円未満の半数が「敷金0(ゼロ)物件」に
賃料帯別の「敷金0(ゼロ)物件」の割合については、賃料20万円未満の物件は増加傾向にあり、特に賃料10万円未満の物件については53.2%と半数を超える水準まで増加している。

LIFULL
一方、敷金あり物件の平均額の推移は、コロナ禍の2020年から2021年にかけて全賃料帯が大幅減だったが、その後は緩やかな減少となっている。

LIFULL
賃料帯別の「礼金0(ゼロ)物件」の割合については、2022年から2023年にかけて全賃料帯で減少した。2022年までは15万円以上の物件では増加傾向だったが、減少に転じている。

LIFULL
礼金あり物件の平均額の推移は、全賃料帯において2021年から2年連続の増額傾向を示した。賃料10万円未満の物件は2020年から増加傾向で、家賃1ヶ月を超える1.01ヶ月分となっている。

LIFULL
(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社LIFULLのプレスリリース
https://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00381/
Amazon.co.jp : LIFULL に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->