不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

JR総武線の中古マンション価格、千駄ヶ谷駅が下落から大幅上昇へ一転

新着ニュース30件






























JR総武線の中古マンション価格、千駄ヶ谷駅が下落から大幅上昇へ一転

このエントリーをはてなブックマークに追加
駅エリアごとの平均坪単価として「価格」を算出
株式会社東京カンテイは、2023年2月28日、JR総武線・三鷹駅~信濃町駅間の駅別中古マンション価格を発表した。

ここでの「価格」は、同社のデータベースに登録された中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格をもとに、同区間における駅エリアごとの平均坪単価として算出されたもの。現状価格の集計は、2022年10月から12月までの3ヵ月間に実施されている。

総武線
築浅/大型物件の増加が影響した千駄ヶ谷駅
今回の発表によると、JR総武線の三鷹駅~信濃町駅間において中古マンション価格が最高値を示したのは、436万円の千駄ヶ谷駅だった。同駅エリアは、下落した前年から一転して20.8%という大幅上昇を達成。この上昇について同社は、築浅/大型物件の事例増加が影響したためと考察している。

今期の同区間では、中野駅が前年に続く形で2桁の上昇をマークした。他にも、東中野駅が4.7%上昇して価格が300万円台の大台に乗り、荻窪駅/阿佐ヶ谷駅も共に3%台の上昇を達成。また吉祥寺駅も、平均築年数が1年ほどかさんだものの住宅地としての人気から、平均坪単価が2.1%上昇している。

三鷹駅、築古物件が増加したため1.9%下落
同区間では、西荻窪駅/新宿駅/大久保駅などで価格が下落した。三鷹駅は、エリア内で築古物件が増加したことが影響し、1.9%の下落を示している。

なおJR総武線全線(三鷹駅~千葉駅)における中古マンションの平均坪単価は、252万円となった。前年と比較すると、比率で5.4%、価格で13万円上昇している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

駅別中古マンション価格/JR総武線1 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/1151


Amazon.co.jp : 総武線 に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->