不動産投資ニュース.com
2022年08月11日(木)
 不動産投資ニュース.com

フラット35金利、4か月連続で上昇

新着ニュース30件






























フラット35金利、4か月連続で上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
フラット35最低金利は0.040%上昇の1.480%
住宅金融支援機構は5月2日、2022年5月時点における【フラット35】などの、借入金利水準を発表した。

5月時点における【フラット35】(借入期間が21年以上35年以下の固定金利ローン)の金利は、融資率9割以下が年1.480%~年2.540%。最低金利は前月の年1.440%から0.040%引き上げられ、4か月連続の上昇となった。なお、取り扱い金融機関が提供する金利で最も多いのは、年1.480%である。

融資率9割超の金利は、年1.740%~年2.800%。取り扱い金融機関が提供する金利で、最も多いのは年1.740%となっている。

フラット20の最低金利は0.040%上昇の1.350%
【フラット20】(借入期間が20年以下の固定金利ローン)の金利は、融資率9割以下が年1.350%~年2.410%。最低金利は前月の年1.310%から0.040%引き上げられた。金融機関の取り扱いで最も多い金利は年1.350%である。

融資率9割超の金利は、年1.610%~年2.670%。年1.610%で取り扱っている金融機関が最も多い。

フラット50の最低金利は0.06%上昇の1.980%
【フラット50】(長期優良住宅の認定を受けた住宅の購入で、借入期間が36年~50年の固定金利ローン)の金利は以下の通りである。

融資率9割以下の金利は、年1.980%~年2.450%。こちらは、前月の1.920%から、0.06%の引き上げとなった。取り扱い金融機関で最も多い金利は年1.980%である。

融資率が9割超の金利は、年2.240%~年2.710%。取り扱い金融機関で最も多い金利は年2.240%である。


外部リンク

最新の金利情報:長期固定住宅ローン【フラット35】-独立行政法人住宅金融支援機構
https://www.simulation.jhf.go.jp/


Amazon.co.jp : フラット35 に関連する商品
  • 中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏は2ヵ月連続で下落(8月11日)
  • 東京23区単身者向けマンション賃料相場、「表参道」がトップ(8月11日)
  • 2022年7月の新築一戸建て平均価格、首都圏が下落へ転じる(8月10日)
  • 小規模オフィス賃料、東京は横ばい、その他主要エリアは上昇傾向(8月9日)
  • フラット35金利、7か月連続で上昇(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->