不動産投資ニュース.com
2023年09月23日(土)
 不動産投資ニュース.com

超高層マンション、2023年以降に11万4000戸が完成

新着ニュース30件






























超高層マンション、2023年以降に11万4000戸が完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
超高層マンション計画、昨年調査比で1.5万戸増
不動産経済研究所は5月16日、「超高層マンション 2023」を発表した。

これによると、3月末時点で判明している2023年以降に完成予定の超高層マンションは、全国で287棟・11万4,205戸。前回調査時(22年3月末時点)と比べて、23棟・1万5,247戸増加した。

エリア別の完成予定状況をみると、首都圏が168棟・8万4,671戸。前回調査時に比べて13棟・1万1,529戸増加している。全国シェアでは、74.1%を占める。

近畿圏は、50棟・1万6,578戸だった。前回調査時に比べ6棟・3,296戸増し、全国シェアは14.5%。なお、大阪市内は30棟・8,497戸である。

その他の地区では、北海道が8棟・1,901戸、福岡県が10棟・1,639戸、愛知県が9棟・1,627戸、宮城県が6棟・1,159戸、岐阜県が3棟・885戸、茨城県が4棟・856戸などとなっている。

超高層マンション
2026年まで毎年1万7,000戸~2万数千戸完成の見込み
2022年に完成した超高層マンションは、33棟・8,244戸。コロナ禍での工事延期などの影響で、21年振りに1万戸を下回った。

2023年に完成予定の超高層マンションは、59棟・1万7,721戸。コロナ禍などで2022年から完成がずれ込んだ物件などがあるため、1万7,000戸台に急増する。

その後も、東京都心部や湾岸エリアのほか、地方中核都市でも超高層大規模開発や複合再開発プロジェクトなどが多く控えており、2026年までは毎年1万7,000戸~2万数千戸が完成する見込みだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社 不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/

Amazon.co.jp : 超高層マンション に関連する商品
  • 「GMO賃貸DX オーナーアプリ」、インボイス制度に対応(9月22日)
  • 梅田の駅から電車で30分圏内でシングル物件の家賃が安い駅をランキング(9月22日)
  • 8月首都圏マンション価格、6か月連続で上昇(9月21日)
  • 近畿で女子が住みたい街は?前回12位だったあの街が1位に躍進!(9月21日)
  • 不動産取引支援のFacilo、ChatGPT連携機能をリリース(9月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->